組織と常識って本当に必要?

 

知人に会社社長がおります。
会社の創立当初…までは古くはありませんが、割と少人数でやっていたときから大所帯で億単位で収益を上げているところまでつきあいがあります。
いいですよねー。自分で会社設立して、軌道に乗って、従業員増えて、業績アップして…傍目には。でも社長はこの数年で体を何度か壊したせいか、あきらかに衰えています。
そして私自身も、会社に何度か出入りさせてもらって感じているのですが、昔の方がよかった…などと考えております。会社としては昔はとんでもない状態で、今はだいぶまともになってはきているにもかかわらず。

なぜ、私がこの大きくなった会社の状態に難を示しているのか…それは、「他の会社と同じ事をしていたらもうからなくなる」からです。
まだ自営を始めたばかりの私が言ってしまうと説得力はないのですが、こちらの本をご覧いただければ、「如何に常識から外れねばならないか」というのは実感いただけるかと思います。


と、あまりにも現実的に物を言いすぎてしまったので以下ではスピリチュアル的に「常識を外れる重要性」を書かせていただきます。
まず常識というのは所詮、自分自身がたまたま属してきた世界から断片的に得られるものでしかありません。長年生きてきて自分の常識が良くも悪くも覆される、という事はほぼ生きていれば全員が経験しているかと思います。スピリチュアルな情報は、過去現在未来、全ての位置から俯瞰できるところから取捨選択してもたらされるものです。いくら己自身が頑張って色々見聞して勉強をしても、その一瞬だけでなく過去や未来までは学びきれませんから、スピリチュアルな情報はそれだけで、情報の質の時点だけでも圧倒的となるのです。そしてそんな存在が複数いる。量でもかないません。
ただスピリチュアルな情報は、時にその時点での常識からかなり外れている事もあるのです。その時に、そこを信じられるかどうか。その時に、実は「組織」というのが非常にやっかいに働きます。
自分ひとりならば常識を捨て去れる、実行できる。でも他の人間は?もちろん賛同してくれる人もいるでしょう。しかし大方の人間には反対されるかと思います。なぜなら「常識的でない」から。今までの概念や枠から外れるというのは大変な勇気がいります。そして、その勇気は誰でもが持つわけではないです。時には怖いがゆえに、変えようとするあなた自身を攻撃してくるかもしれません。


それでは、組織って何のためにあるのだろう?という疑問がわいたのです。会社というのは「(法に触れずに)お金を儲ける」事ができていればいいのです。別に従業員数やら常識やら、そこに抵触しなければ全く必要ないわけです。言ってしまえば事務所も営業所も事務機器も必要なければなくていい。今はレンタルスペースや印刷屋さんがいっぱいありますから。

そして、先ほどの「稼ぎたければ働くな」目次だけでも以下のようになっています。


・「差別化」とは「常に考える」こと
・ホウレンソウは一切禁止する
・「0%のリスク」より「100%の失敗」を誇れ
・“泥棒"はどうやったら真面目に働くか
・稼ぎたいなら、もっと大損してこい
・なぜ、ノルマをなくしたら業績が上がったか
・優秀な営業マンは「ねえ」が使える
・マイナスの空想力よりプラスの想像力
・「金を出すからどんどん遊べ」が未来工業式
・社長が働かなければ、会社は伸びる
・人を動かしたいなら、命令するな!
・仕事の能力と「器」の大きさは関係ない

 

いかがですか? 会社員の方なら特にお分かりかと思いますが、この中の一つでも、今日、今、この瞬間からできる事がありますか?多くの方は難しいかと思います。「ホウレンソウは一切禁止にする」とか、「金を出すからどんどん遊べ」とか、それ本当に会社ですかという(笑)

これでもまだだいぶ現実的な話だと思います。スピリチュアルな情報は、時にもっとぶっ飛びます、なんせ現実世界ではありませんから。
でも、私はそのスピリチュアルな情報は正しく受け取れば、まさしく奇跡をも起こすことが可能だと考えています。どうか皆様も、ぜひ常識を打ち破ってみてはいかがでしょう?

サロン詳細

 

・完全予約制

 

・所在地:

神奈川県横須賀市久里浜

京急久里浜駅より徒歩5分。

イオン様すぐ近くです。(JR利用可)

※受付完了時にメールにて

詳細をご連絡致します。

 

・営業時間:

10:00~22:00

(最終受付日時:21:00)

 

・定休日:

不定休

 

・TEL

応答できない事があるためネット上では公開しておりません。ご入用なお客様はメールにてご連絡ください。

 

※駐車場はございません。

お手数ですが近隣の駐車場をご利用ください。(イオン様駐車場等がございます)

 

※サロン内禁煙

 

 

 

ブログ更新

私とオステオパシー。 ()
>> 続きを読む

スピリチュアルサロン極楽鳥花 メールマガジン
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス